ゲーム会社で働く3DデザイナーのJSさんにインタビューしました!クリエイターインタビュー#6



映像制作会社で3Dデザイナーとしての経験を経て、ロータスで初めてゲーム業界の仕事に就いたJSさん。
ジェネラリストとして、現在は某アイドル音楽スマホゲームを担当しています。
現場でのお話や、現在感じている事等、色々と聞いてみました。

簡単な自己紹介をお願いします。

JSです。
もともと、映像業界でずっと働いてまして、ロータスとご縁があって、ゲーム業界の方に転職できました。

趣味を教えてください。

バイクに乗っていて・・・・カスタム、かなりしちゃったりしてます(笑)
ついこの間もツーリングに行ってきました!
帰る時に、テールランプが故障しちゃって大変でした(笑)

ご自身でゲームはやられますか?

やりますよ!
クリア手前で止まってしまっていた、PS3のテイルズをやっています。
PS4の新作をやるために、また再開して進めています。

以前のお仕事はどのようなお仕事をされていましたか?

最初はテレビのCGアートとかやっていて、その後はライブで使うバック映像だったり、
パチンコのエフェクト制作とかをやっていました。
基本的には、ずっと3DCGのツールを使ってやっていたので、ツールの使用歴は長いです。

実写とゲームでは制作にあたってだいぶ考え方が違うところがあるんですけど、
やってる年数が長いので、映像の方がやりやすいですが、今後はゲームの方に慣れていきたいと思っています。

ロータスに応募したきっかけは?

ゲーム業界で考えていたんですけど、この業界だと、スペシャリストが求められていて、ジェネラリストとしてやってきたので、中々ご縁がなかったんです。
映像業界の仕事ならあるんですが、やっぱりゲーム業界で経験を積みたかったので、別の方向から考えてみようと思った時に、ゲーム系に強いロータスを見つけました。
それに、まだ若い会社で、これからの成長性を見込んだっていうのもあります・・・(笑)

-さりげなくプレッシャーかけられましたねぇ 頑張ります。。。(笑)(北野)

他からのお声がけとかはあったんですか?

何カ所かあったんですけど・・・
年収だったり、ワークバランスを重視したりって部分が、自分の働き方のイメージと合っていたので、ロータスに決めました。

後、すぐに声をかけてくれて、条件もしっかり明示してもらったので、安心できたとこもあります。

前職の福利厚生と比べてロータスに入社してどう変わりましたか?

前職はフリーランスでの契約だったので、福利厚生は全くなかったんです。
ただ、会社の社長が、みんなで旅行や食事に連れて行ってくれたりしたので、一般的な福利厚生とは違いますけど、そこはとても良かったです。

ロータスに入社してからは、4大保険に加入していたり、有給が取れたりと、前職に比べてしっかりしていると思います。

現在どのようなお仕事をしているか、具体的に教えて下さい。

某アイドル音楽ゲームのカメラワークや、フェイシャル、スクリプト関係も担当しています。
最近ではクライアント様との打ち合わせにも参加しています。

※フェイシャル:口パクや表情の変化

-スクリプトもやっているって凄いですよね!もうデザイナーの域を超えてますね!(笑)(北野)

今の業務に満足・不満な所はありますか?

学べる部分があるので、満足しています。
技術高い人が集まっていて、良い人も多いので、質問したらちゃんと教えてくれますし!
職場の雰囲気もいいと思います。
プロデューサーさんがすごく低姿勢で、驚きました(笑)

特に不満はないです。
お昼もみんなでいったりして、コミュニケーションも取りやすいです。
ロータスはお仕事の評価に比例して、お給料も上げてくれるので、これからも昇給目指して頑張りますのでよろしくお願いします!(笑)

現在使っているツールは何ですか?また何に使用していますか?

MAXでカメラワークを作って、それをAfterEffectsで編集しています。
また、Unityを組み込みと確認で使用し、MAYAでフェイシャルをやっています。

-そんなに色々出来て凄いですね!確実にスキルアップしてますね!(北野)

常に業務で気を付けている事はありますか?

クオリティラインを気を付けています。信頼を勝ち得ていかないといけない立場なので。
上長から指摘があった時など、IPをわかっている方からの返答なのでしっかり受け止めています。
疑問に思ったことは「自分はこう思っているんですけど」と言う事は伝えています。
その上でお互い納得いくように仕事を進めています。

-コミュニケーションをしっかり取って、お互いに気持ちよく仕事をしているんですね!(北野)

望む福利厚生とかってあったりしますか?

特に・・・会社全体の交流会もありますし、ランチミーティングもありますし。
現状で満足しています!

今後のロータスへの期待は?

やっぱり自社開発したいですね!
皆が、ロータス=このゲームって言えるような作品を作りたいですね。
後は、さっきもお話した通り、会社を大きくしたいです!

最後に3Dデザイナーを目指してる方へのアドバイスってありますか?

僕は今、3Dのジェネラリストとして業務をして思ったことがあるのですが、
ジェネラリストはすごく高みの人ではないと、うまく仕事が回せないので、
一つの事に特化したスペシャリストを目指した方がいいのかな?と、思います。

最初は皆色々な事をしたいと思っていると思うんですけど、
色々な事をしたい人の上位互換って言う人はいくらでもいるんです。

求められてくるクオリティが高くなってくると、全ての人に当てはまるわけではないのですが、追いついていけなくなってきちゃうんですよ。
ですが、スペシャリストだと一つの事に特化しているので、他は分業になってしまうけど、この分野だけは高クオリティの物が出せるという強みになると思います。

-なるほど。色々な経緯があって、今現在はジェネラリストとして業務をしていると思いま すが、もしJSさんがスペシャリストとして、もう一回目指すのであれば、どのポジションでしょうか?(北野)

そうですねー・・・エフェクトをもっとやっておけばと思います(笑)
今はわからないんですが、僕が通っていた時の専門学校って基本的な事しかやらなかったんですよ。
いざ、業界に入ってみてエフェクト制作を求められたときに、モデリングやモーションと比べて、練習量が少なく、作業できないんですよ。
なので、僕はエフェクトに特化しておいた方が良かったのかなと思ったりします。(笑)

<インタビューを終えて>
とても人当たりが良く、冗談も沢山いってくれたJSさん。
さすが沢山の人とコミュニケーションを取りながら働くポジジョンの方だなぁと、感じつつ、ジェネラリストだからこそ感じるお話も聞けて、とても貴重な時間となりました。
会社への期待の言葉もかけていただき、会社としても今後頑張ろうと、励みになりました。
ありがとうございました(笑)

普段の業務で参考にしているサイト

バカ・アフター
http://baaaf.com/
youtube
https://www.youtube.com
 (ゲームの戦闘シーンを集めた動画等を参考にしている)

関連の記事