クリエーターインタビュー#3 新卒で2Dデザイナーとして働いているAKさん


大学ではデザイン学科を専攻。高校時代より学んできたデッサン力を活かし、卒業後、新卒で2Dデザイナーとしてロータスへ入社。 現在は、新人ながらもセンスや流行を敏感にキャッチしながら活躍してるAKさんに、『新社会人』としての心境を聞いてみました。


名前
:AK
性別
:女性
居住地
:東京
現在の職業
:2Dデザイナー
作業環境
:Windows
よく使うソフト
:Photoshop Illustrator CLIP STUDIO
好きなもの
:ゲームや映画鑑賞



簡単な自己紹介をお願いします。

株式会社ロータスで2Dデザイナーを担当しています。

AKです。宜しくお願いします。

ロータスに応募したきっかけは?

卒業前から就職活動してたんですけど、なかなか決まらなくて。。。
応募したのは、去年の5月くらいだったと思います。
正直に言うと、もう数打てば当たる戦法の中の1社でした(笑)

応募した数、面談に行った数はどのくらいですか?

30社くらいだと思います。面談に行かせてもらえたのが、3社くらいでしたね。。。
ロータスを含めて(笑)
もう卒業してから数か月経つし。。。このままニートかなって。。。

最初、ロータスから電話をもらった時、どんな感じでしたか?不安でしたか?

自分がゲーム会社で働けるって事が信じられなかったですね。
奇跡かと思いました!!!家族みんなで喜んだんですよ!!!
「夢が叶った~~!」って。
もちろん、不安が全くなかったわけではないんですけど、雇用条件もハッキリと説明してくれたので、具体的に色々と聞けて安心しました。

未経験で初めての事も多いと思いますが、実際に働いてみていかがですか?

デザイン系って厳しい世界だなとは思っていたので、色々と覚悟はしていました。
だいぶ慣れてきましたけど、周りはベテランの方ばかりなので、もちろん、まだ緊張感はあります。
でも現場に入った直後は、今よりももっと緊張してて。。。。
みんなで作る仕事なので、コミュケ―ションが大事なんですけど、改めて自分のコミュニケ―ション力がヤバいなーって感じました。
今は、制作するにあたってわからない事とか、確認したい事は、すぐに上長に聞くようにしています。
『自分の発言にしっかり責任持つ事』と、
『相手に理解してもらえるように伝える事』が大事なんだと、この業界に入ってから教えてもらいました。


業務は具体的にはどんなことをやってるんですか?

UIや素材制作を任せてもらう事もありましたし、今はコスチュームデザインのパターン出しを担当しています。
自分で考えたデザインでコスチュームを作れるのは楽しいんですけど、リテイクも多くて、ネタも考えるの大変です。。。
自分のデザインが選ばれると達成感があって、嬉しい!やってよかった!って思えます。
まだ実働してないので、リリースされるのが本当に楽しみです。

パターン出しのネタとかはどのように収集していますか?

映画とかゲームから吸収しています。
実際、ディレクターさんからも「ゲームをやるの大事だよ」と言われていて、とにかく沢山のゲームをやるようにしています。
あとは、ゲームの設定資料集や画集も、デザインの細かい設定の説明が書いてあって、そういったところからも無意識に拾ってきている気がします。
最近だと、Instagramとかも手軽なので、よく使っています。
欲しい資料を探すのが手軽だし、Instagramは画質もある程度良いので、すごく便利です。

お仕事しながら、増えたスキルとかってありますか?

PhotoshopやIllustratorはもともと使ってはいたんですけど、お仕事をするようになって、ソフトの機能とか活かせるようになったと思います。
あ、あと、CLIPSTUDIOは、業務で初めて使えるようになりました。
自分ですごく感じるのは、いろんな面で「知識」が増えたなーっていうのは、思います。
ユーザーのターゲット層に合わせたデザインにする事とか、
今の現場だとその後モデリングしてもらうので、モデラーさんに伝わるような作り方をする事とか。
ソフトについても上司の方に使い方を聞いたりしますし、WEBで講座のページとかみて、自分でも吸収して身についた部分もあります。

ロータスの気に入っているポイントはどこですか?

全体的にフレンドリーなところです。
3ヶ月に一度くらいの交流会で、他のクリエイターさんと情報交換ができるんですよ!!
先輩のクリエイターさんのお話が聞けたりして知識が増えました。
最初は緊張してたんですけど、お世話になってる北野さんもいたし、先輩のクリエイターさんも優しくて。。。
すぐに慣れました。
後は、ランチミーティングで仕事の話とかを聞いてもらい、
メンタル的なところのカバーをしてくれていて、
クリエイターの事を大事にしてくれてるんだなと感じました。

デザイナーとして就職するにあたって、何をしてましたか?

こればっかり(キャラクターイラスト等)やりたい!って思っていた時期はあって、
まぁそれしかできなかったっていうのもあるんですけど…(笑)
ゲームの仕事がしたいと親に話したら、
「基礎やんないと仕事にならないよ!」と言われて(笑)
親も応援してくれていたので、高校から絵画教室に通い始めました。
最初は描けないから楽しくなかったんですけど、実際やってみると教えてくれる先生もいるし、
続けているうちに楽しくなってきました。
今も週1回通っているんですけど、続けててよかったと思いますし、
これからも続けていきたいと思っています。





<インタビューを終えて> 何事にもストイックなAKさん。
最初お会いした時にデザイナーとして何をしたいかとお聞きしたところ、
「デザイン業務に携われるなら、なんでもします!」と、言っていたやる気満々なAKさんが懐かしいです!
現在もスキル向上のため、日々の業務を真面目にこなしております。
今後のAKさんのご活躍に期待です!

ロータスに応募した時のポートフォリオ


インタビュアー
名前
:北野
入社
:1年半
ロータスでのお仕事
:マネージャー
最近はまっているもの
:ポケモン(20年間ハマってます!)
休日の過ごし方
:ニコ動をひたすら見る!

次回もお楽しみに!

関連の記事