My Favorite Things#9:完全ハンドメイドのフランス製 alan mikliの眼鏡


001

どーもサザンリーブスです!

今回はメガネのご紹介です。

最近価格破壊の激しい眼鏡ですが、

JINSさん等々数年前では考えられない価格、納期、品質で、

眼鏡が簡単に購入出来る様になりました。

かく言う私もJINSさんで度入りの偏光眼鏡を1万以下で作って貰いました。

品質、機能、デザイン共に全然文句の無い、良い物で大変満足してます。

一昔まえは偏光の度入り眼鏡なんて、4万円以上じゃないと買えない物ばかりだっだので、

良い時代になった物だとつくづく感じました。

ただ、それとは別にもう28年も愛用し続けている眼鏡が有ります。

それは、おFranceメイドのalan mikliの眼鏡!

今を去ること約30年前、”君の瞳を逮捕する”という伝説のドラマが有りました。

陣内智則、三上博史、柳葉敏郎、浅野温子、若かりし工藤静香等が出ていた、

その後のトレンディドラマの走りと言われる名作です。

久保田利伸大先生もこのドラマの主題歌、You were mineでbreakしたと記憶しています。

そのドラマで陣内智則さんがかけていた、

妙に横に長いへんちくりんな眼鏡がalan mikliの眼鏡でした。

まだ若かったので、ともかく新しい物、人とちがう物に惹かれる私は、

当時フレームだけで4万円もする高価なおフランスの眼鏡を購入!

003

ほぼ1ヶ月は昼飯抜きとなりながらも、

似合う似合わないを無視していつもかけておりました。

最初は違和感有りまくりだったのですが、かけ続けていくうちに妙に馴染む馴染む!

その後色々なメーカーの眼鏡も購入使用したのですが、

気が付くとalan mikliの眼鏡にばかりかけておりました。

その後色々alan mikliを色々調べた所、

・完全ハンドメイドのフランス製で有ること
・目のため宝石をデザインするという事
・斬新なデザインを年間400点以上もリリースし続けているとの事

が分かり、益々手放せない一品となりました。

現在3ツ程所有していますが、

そのどれもが、使えば使うほど体に馴染むというか、ついついそれに手が伸びてしますというか・・・

不思議な眼鏡です!

又ヒンジ部分にも独特な仕掛けがあり、内側だけでは無く、外側にも開くので圧迫感が全くないのも、

その秘密の一部かも知れません・・・

修理は基本フランスに送る事になるそうで、1ヶ月以上かかる等多少の不便もありますが、

今後も愛用して行きたい、

My Favorite Thingsのご紹介でした!

002

関連の記事