キヨマロのブログ #2


こんばんわ、キヨマロです。

本日も居合についてお話します。

私のやっている流派はわかる人にはわかると思いますので、あえて言いません。(所々で技の名前も書いてますので)
居合”道”は勿論のこと、居合”術”も最近になってやり始めました。
「道」と「術」、何が違うかと申しますと、大体は論争になるのですが、
道はその名のとおり居合の技の道のりを極めんとし、術は相手を倒す為に特化した道に外れた術と解釈しております。
術の稽古は立合いで、お互いに木刀を持って、仕立ち、受け立ちになり剣を交えます。
基本的には本来やっている居合”道”の延長なのですが、組立ち稽古は術技を磨く事に専念しております。(あくまで個人的に、という意味です。)

この組立ちの稽古、当然型はありますが間違えると思いっきり頭や手に木刀が当たって、翌日痣だらけになってしまうので実戦に近い荒稽古をしているのです。
まだまだ下手糞なので、実際に立ち合っての居合は真剣に取り組まないと大怪我してしまうので、いつも緊張しております。
当然です。
なぜなら組立ち稽古が術だからです。
さて、なぜ、この組立ち稽古が”術”なのか?
単純ではありますが、他所の道場では”道”のひとつとして稽古しておりますこの組立ち、私はもっと古流に近い”術”を再現している為です。
そのため、型破りになる事は当たり前で、私「次は俺グー出すよ、ジャンケン」「チョキ」相手「パー、おい!」って事が多々あります。
なので道場から離れて研究会としてやっております。

古流剣法は、理屈では有り得ない事、つまりは解釈がそもそも間違っている事が多く、間違って伝承されている可能性があるものは、他流派の技も取り入れながら、ああでもないこうでもないと稽古しております。
傍から見ればチャンバラに見えた事も、最近では実戦をやってるように見えるまでは早く、力強くできるようになりました。
おかげでどんどん生傷も増えてきましたが…。

このように、道場によっても仮想敵のみの型稽古道場と、互いに相手が居て稽古する道場があります。 もし、居合や剣術に興味がある方はそこら辺も調べてみると良いでしょう。

長くなるようなので、また!

刀、古武道に関するゲームの要件も承ります!お問い合わせは下記まで。

キヨマロ

関連の記事